ブログ

2015.04.03

なにも食べられずに死を迎えるモンスター ミルメコレオ



この世にも奇妙なモンスターはMyrmecoleo(ミルメコレオ)といいます。ヨーロッパで親しまれたアフリカモンスターだ。ミルメコレオは前半身がライオン、後半身がアリの姿をした、アフリカ生まれのモンスターです。6本脚で、前の2本はライオン、後ろの4本はアリの脚になっています。アリの卵をライオンが妊娠させると生まれてくるといわれています。しかし、ミルメコレオは生まれたときから大変な重荷を背負っています。というのは、アリの卵は地面の中にありますが、卵からかえったミルメコレオはその場所でかなりな大きさに成長してしまうので、地面の中で身動きがとれなくなり、自力でアリの巣から出てくることができません。このため、ほとんどのミルメコレオは地面の中で死んでしまうわけです。偶然、人間や獣たちがミルメコレオがいる地面に穴を掘ったときにだけ、そこからはい出してくることができるのです。ところが、こうして幸運にも地上に出てくることができたとしても、ミルメコレオは長くは生きられない運命にあります。ミルメコレオは野獣を食べるライオンを父とし、穀物を食べるアリを母としているため、父の性質に邪魔されて穀物が喰えず、母の性質のために肉も食えず、すぐにも飢えて死んでしまうのです。助ける方法はまだみつかっていないようです。



トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

運営体制

20141027日開始。

数名の契約したライターさんからの記事を掲載しています。サイトの運営・管理は 斉藤ジャーナルがしております。

フィード

モバイルサイト

ページの先頭へ